僕はそれなりに頑張って1ヶ月で27日働いた。

今年の9月は8月と比べるとずいぶん楽だけれど、それなりにしんどい暑さがダラダラと続いた感じだった。例のごとく土曜日の休日出勤が当たり前となっている弊社において週6日みっちりと働いた9月だった。従業員を置いて研修という名目で海外逃亡したプレジデントの旅立つ前の「大雨でも仕事してくれないと困る」という一言でアメニモマケズタイフーニモマケズ僕たちは頑張って働いた。ちなみにプレジデントは一ヶ月で4回の旅行、計11日間旅行に行っていたことになる。ふざけるなと言いたい。正直、従業員が50人くらいいるような中小企業や大企業のプレジデントであれば、研修という名目での娯楽旅行に行きまくるのもまだ納得出来る。しかし、弊社は従業員5人の超零細企業である。それに毎年毎年プレジデントの暴走によって仕事量は増加させられていて、従業員は仕事に追われて日曜日以外の日に1日休みを取るにも周りに事前に理由まで通告しなければいけないような雰囲気が暗黙にある。キツいわー。しんどいわー。せめて休みが少ないならと給料をたくさん払ってくれるならまだ納得出来るものの、9月の給料(手取り)を出勤日数で割ると1日8000円を切っていた。マジかよ。少ない。少なすぎる。しかしこれでも入社5年。昨年よりも大幅アップした上での結果である。ヨッメには手取りがあんまり増えた実感無いのは税金のせいだよね!消費税も増税されたしね!と必死に言い聞かせている。従業員の代わりにお金ジャブジャブ旅行で使って経済回してくれるプレジデントサイコー!(皮肉)自分自身、あと5年頑張って独立してやる!という気持ちは常に持っているけれど、そもそも5年もこの会社で辛抱出来るのか不安になってきた。早くフェードアウトしてーよ。自由な時間欲しーよ。とにかく今の希望としては、少額な冬のボーナスが手取り15万円くらいになってくれたら嬉しい。ということだけだ。それを願って上司に薄気味悪い愛想笑いをしながら一生懸命アメニモマケズタイフーニモマケズ頑張って働くしかないのである。とにかく年末まで頑張ろ。あーしんど。おわり

自由に使える時間を増やしたい&一見無駄な時間の大切さ

今勤めている会社を5年以内に辞めようと思っている。退職理由に関しては少なくとも10個くらいあるんだけど、一言で言えば入社当時から独立することが目標だったし、今現在でもそれは変わっていない。また最近気付いたこととして、独立すれば自由に使える時間が大幅アップするということが分かった。現在、通勤時間往復1時間を含め、朝家を出てから帰宅するまでおよそ12時間拘束されている。独立して自宅を会社にしてしまえば通勤時間は0、昼休憩含め2時間の休憩時間も作業開始前後のグダグダした時間(およそ1時間)も、独立して自分に合うように減らすことを考えると1日少なくとも2時間半は拘束時間を減らすことが出来るハズである。2時間半と考えると一日のおよそ1割の時間である。1年280日働いたとして700時間も確保出来る時間が増えるのである。あー早く独立してー。話は逸れるけど現在の会社の作業開始前後のグダグダした時間は、ぶっちゃけ従業員同士のコミュニケーションを取る上ではものすごく大切な時間だと思っている。組織を円滑に回すには一見無駄な時間(雑談の時間)というのも必要になってくるのだ。自分自身、将来的に独立しても従業員を雇うことは考えていないが、組織を円滑に回すための一見無駄な時間の大切さ、というか人生において一見無駄な時間を上手く確保出来るように働いていこうと思う。なんて言うかライフワークバランスだよね。おわり

昔話の楽しさに気付いた夏

今週のお題「夏を振り返る」
今年の夏は特に出かけることもなく、ただ例年より少し多く働いて、休みの日はなるべく汗をかかないように過ごした感じだった。本当は巨乳のおねーちゃんの揺れる乳を鑑賞するためだけの目的で海とかプールとかも行きたかったけど、炎天下のなか車を走らせる気力が無かった。これからの時代、夏場の野外活動は避暑地に行くしか無いのかもしれない。熱中症も怖いしね。イベントとしては約1年半ぶりに大学生時代のサークル仲間と飲み会をしたくらいだ。前回の飲み会から現在までの仕事やプライベートの変化を報告し合い、それから大学生時代の昔話に落ち着くのがだいたいいつものパターンになっている。あの時あいつはこうだった、俺がムカついたのはお前のあの発言だった、だからあいつは嫌いなんだよな。出るわ出るわ当時の愚痴やお互いの腹の立ったことなどなど(笑)まあでもぶっちゃけ今になって冷静に当時を振り返ってなんでもかんでも言いたい放題言えるのはある意味健全なのかもしれない。過ぎ去った時の分だけ当時の記憶は少しずつ曖昧になっていくけれど、みんなでそれを途切れ途切れ思い出してメモリーを修復し、昔と同じように笑い合う。客観的に見て会話の生産性という面でははっきり言ってゼロどころかマイナスかもしれない。けれど、一緒に過ごした時間、それぞれ後悔しているところもあるけれど、なんだかんだかけがえのない、自分たちだけの思い出を共有出来る仲間がいるだけで幸せだと思う。今年は夏らしい思い出はほとんど無かったけれど、友人たちとの飲み会はとても楽しかった。おわり

暑い

うんざりする暑さだ。朝から気温が30℃以上あって、こうも日差しが強いと気分が滅入る。事務所には塩分補給タブレット(飴)が大量に置いてあるけど、安いやっすい40円くらいの謎のスポーツドリンクを凍らせて毎朝支給してくれた方がよっぽど助かる。現場のことをまるで理解してないプレジデントに制裁を食らわせたい気分だ。会社に関してはタスクだけは猫の手を借りたいほどあるので、仕事が無くて金がないという感じではなく、仕事はめちゃくちゃあるけど、給料は上げないよ、プレジデント家族を養うために頑張ってね♪状態である。きっつー。やってられるか。せめて週休二日制を導入することを真剣に考えてほしい。プレジデントよ、令和の時代に昭和生まれ頼みのブラック企業体質では誰もこんな会社入らないぞ。おわり

婚活を成功させるには自分に合ったフィールドで戦うべし

自分自身が婚活で苦労したこともあって正直、婚活については結婚相談所のオバハン以上に的確にアドバイス出来ると自負している。僕が婚活を始めたのは25歳くらいだった。そもそも男の25歳というのは婚活どころか街コンに関しても「微妙にモテない時期」だと思っている。街コンに来る女性はだいたい24、25くらいから30過ぎである。一般的に女性というのは自分より年上で頼れる男性を選ぶ傾向にある。なので男の25歳というのは街コンの参加者としては少し若すぎるのである。だいたい27、8歳くらいの営業などでそこそこのしゃべくりを身に付けた奴らに女性陣をかっさらわれてしまうのである(実体験)。そもそも街コンに参加する女性は料金も安いことや、あくまでも街コンという気軽さから結婚を視野に活動している人も少ないので、真剣にお付き合いしようにも難しい面がある。かといって、こじらせて25歳のボーイが街コンに行くのを止めて婚活パーティーなどに行ってしまうと余計にドツボにハマる。というか僕はそうだった。いうまでもなく婚活パーティーに参加する女性は街コンに参加する女性よりも年齢が高い。参加する街コンや婚活パーティーにもよるが、だいたい街コンの参加女性の平均年齢が25歳くらいだとすると婚活パーティーの参加女性は28歳くらいだろうか。そして、それに比例するように男性参加者の年齢も上がるので25歳のボーイなんて浮きまくりのクソガキもいいところである。さらにこじらせて結婚相談所に登録した頃には僕は26歳にさしかかろうとしていたが、そもそも結婚相談所に関しては若い女性が圧倒的に少なく、大手のマッチングアプリ以外の婚活サイトに登録してもそれは同じだった。結果的にヨッメとは小さな婚活サイトで奇跡的に出会うんだけど、本当にレアケースという感じだったので、肝心のその件に関しては僕自身、アドバイスがあまり上手く出来ないと思う。完全な棚ぼたで終わった僕の婚活だったが、とにかく言いたいのは「自分に合ったフィールドで戦うべし」という一言に尽きる。仮に25歳で婚活を視野に入れて活動を始めるとしたら、女性登録者の多い大手マッチングアプリと女性参加費1500円以上の街コンを併用してみるのが一番いいと思う。経験上、女性参加費が無料~1000円の街コンは女性参加者の恋活や婚活へのモチベーションも低いし、明らかなサクラ女性の参加があったり、運営の質も低い。ここまで書いてきてこんなことを言うのもあれだけど、「女性を紹介してくれる友人」などがいたら、そういう人に合コンをセッティングしてもらうのが一番手っ取り早いと思う。共通の知り合いがいるということで会話のきっかけにもなるし、安心感もある。長々と書いてしまったが、僕が2年弱婚活をした経験上、婚活パーティーや結婚相談所に関しては30歳未満の男性には早すぎるので、まずは20代男性の活動としては優良な街コンへの参加と登録者の多いマッチングアプリに登録することをオススメしたい。おわり

水着のおねーちゃんに癒やされた夏

社会人になって四年目くらいのころかな?親しい友人たちと休みがバラバラだったりしてなかなか遊ぶ機会は少なくなっていて、彼女もいないさみしさ、街コンでの連敗、八方ふさがりの半ば自暴自棄になりかけてた状態で友人に電話をかけた。気分転換に合コンを開いてくれるというその友人が神様のように見えた。電話をかけたのは7月。合コンは9月だったので、合コン前の景気づけだ!とか言って8月に友人と二人で海に行った。水着のおねーちゃんは何人かいたけど野郎と来ていたり、素っ気ない態度取られたりして、ナンパって難しいんだなー。なんて思いながら二人で浜辺をうろついていた。ビーチの端っこでくつろぐ女の子二人組を見つけたので、せめて一緒に写真を撮ってもらおうと友人が声をかけた。半分酔っ払っていた僕はろれつも回っていなかったが、そのうちの一人の水着のおねーちゃんの巨乳で興奮した。間近で舐めるように巨乳おねーちゃんのパイ乙をガン見してしまったが、そこまできもがられることも無く一緒に写真を撮ることに成功した。その写真はしばらくヲカズとして活躍をしてくれたので、友人には本当に感謝している。あのおっぱいねーちゃんの巨乳を間近で拝めたあの夏ほど興奮を覚えたことは無い。おわり

好きな歌って1つには絞れないよね。

今週のお題「わたしの好きな歌」
ぱっと思い付くのは山崎まさよしのセロリかなぁ。やっぱりなんか好きなんよね。あーいうちょっとゆったりした感じとかさ、ほんまに。でも玉置浩二の田園もいいよね。生きているんだそれでいいんだっていう歌詞が本当に心の支えになるよね。岡村靖幸の愛はおしゃれじゃないも好きだね。モテたいぜ君にだけにっていう率直過ぎる歌詞がもうシビれるよね。浜田省吾のMONEYも好きなんだよね。なんか男の野望というか野心をかき立ててくれるよね。ハマショーに関してはJ.BOYも好きなんよね。なんかハマショーって疲れた現代人を代弁してくれる存在だよね。エレカシの俺たちの明日も仕事頑張ろうってなれる曲だよね。ウルフルズのガッツだぜ!も好きだし、バンザイ~好きでよかった~も好き。ぶっちゃけ好きな歌って1つには絞れないよね。おわり